通知表「自分の意見を言える:1」

大人の人間関係トラブル

こんにちは、いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。



あなたは、「自分の意見を言う」のは得意な方ですか?

私はちょっと苦手です。




「自分の意見がないから苦手」というわけではないのです。

むしろ、自分の意見はある。

じゃあ、どういう点で苦手なのかというと。


通知表

子供の頃の通知表、決まって「自分の意見を言える」の評価が悪かった。

国語の評価だったかな。



その当時は、単に「弱気な性格だから」だと思ってた。

親もそう思ってた。




だけど、よくよく考えると、真の原因はそこじゃない気がする。


意見をまとめる余裕がないと…

多分、私は頭の中で余計なことも含めて、ぐるぐる考えちゃうタイプのHSP気質なのよね。

心に引っかかることが起きたり、相手に意見したい事ができても、すぐに意見をまとめて口に出すことができない。



一旦落ち着いて考えて、時にはこんな風に書き出してみて、やっと自分の意見をまとめられるんだと思う。

逆に、そういうことをする余裕がない状況では、うまく意見をまとめられず、口に出すこともできず、「意見の言えない子」と見られてしまう。





…ということに気付いたのは、20代後半に入ってから。



子供のころは、通知表でこの評価を見る度に、「気を強く持って意見を言った方がいいのかなあ」なんて思っていた。

そして、親からも同じことを言われる度に、「この気弱な性格がダメなのか」と辛くなった。



「ゆっくりじっくり意見を整理すれば、私はちゃんと意見を言える子なのかもしれない」

などと気づくことは無いまま、学生時代が過ぎていった。




学生時代のうちに、この可能性に気づいていれば、また違う私になれたりもしたのかなあ。

いや、たらればは良くないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました